土木事業/トップ

ふるさとの豊かな山と森林(もり)を守り育てる「林業」にチャレンジ

山下組の林業事業

 ふるさとの恵みである「山と森林(もり)」の荒廃が伝えられています。
それは、産業としての「林業」が社会、経済、後継者問題など複雑に絡み合う構造的な問題を解決できずにきたからです。植林から伐採、収穫まで世代を超えて営まれ豊かな森林(もり)を支えてきた健全な更新循環の維持が今は難しくなってきています。
 ふるさとの山と森林は自然と環境のシンボルです。水と酸素はもちろん、多様で健全な生態系を維持していくための源流であり資源ともなっています。山と森林は古くから不思議なそして巨きな力を備え、人々の精神や文化のよりどころとなり、暮らしにさまざまな影響を与えてきました。
 当社は、創業期から林道開発に深く携わり、古くから山と森林の恩恵にあずかり今日を迎えています。そこで、当社は林業の復興をテーマに、この写真のように、人と最新の高性能林業機械を駆使して本格的に事業としての「林業」への取り組みを始めました。
 林道開発技術を生かして森林の伐採を行い、木材として搬出・出荷し、バイオマス発電への供給をはじめ建築材としての提供から様々な用途への可能性を探り、植林・造林等の事業化を目指していきます。

「ふるさとの豊かな山と森林」が次代への大きな遺産として継承されることを夢見て、世代を超える事業に取り組んでまいります。

  • 伐採作業

    チェーンソーによる伐倒作業

  • 林業プロセッサー(造材機械)による作業

    プロセッサー(造材機械)による造材作業

  • グラップル(木材荷役機械)による作業

    フェラーバンチャー(伐倒機械)による伐倒作業

  • すべての基本「健康第一」「安全第一」をスローガンに林業にチャレンジします。

    すべての基本「健康第一」「安全第一」をスローガンに林業にチャレンジします。